笑顔の男性

精力剤には多くの種類がありますが、その機能によって分類してみましょう。
大きくわけると強壮剤、強精剤、ED治療薬の3つにわかれます。

強壮剤とは滋養強壮のためのものです。
「滋養」とは体に栄養分を与えること、「強壮」は精力を含め体を強く元気にすることです。
体のもつ機能を高めることによって活力のある生活ができるために摂取するものです。
スタミナや持続力が低下しているかたにおすすめの精力剤です。

ふたつ目は強精剤です。
これは精力を高めるためのものです。
ホルモンの分泌を活性化させるタイプの精力剤です。
また強精剤は男性機能を高めるイメージがありますが女性にも同様の作用をもたらすものがあります。
女性の場合、更年期障害として頭痛や肩こり、腰痛、便秘、下痢、ほてり、のぼせ、不眠、イライラしやすい、抑うつ感を感じやすいなどの症状がありますが、これらの症状が改善されることがあります。
また、精力剤として不感症のために性的刺激を与えるものとしても扱われます。
不感症は日常のストレスやホルモンバランスの狂い、加齢によって起こるものなので精力剤で改善できる可能性があります。

みっつ目のED治療薬は勃起不全を改善する薬です。
ほとんどが医薬品指定になっているので医者の診察をとおさず購入することはできません。
また医薬品である以上、副作用などもあります。
このようなリスクもあるため個人で購入することは難しいです。
また医薬品は前二者と比べると価格が高いという点も挙げられます。
たとえばバイアグラだと1錠当たり1000円以上することがほとんどです。

ただED治療薬を過剰に危険視する必要はありません。
体の血流を良くすることで性器に血液が集まりやすくすることで勃起不全を解消する薬です。
麻薬のように脳に作用して依存症をひきおこすような危険なものではありません。
また医者の診察と処方箋が必要であることは副作用についても適切に考慮されるため安全であると考えられます。